日経225のインデックスファンド

日経225のインデックスファンドは投資信託の一種で様々な個人投資家から非常に注目されています。
日経225のインデックスファンドとは、日経225採用株式銘柄を加重平均したものに平等に投資をしてその個別株式銘柄からかかる非システマティックリスクを取り除く事を可能とする分散投資の一種です。

詳しく知りたい練馬区で一戸建を見つけようは絶大な支持を受けています。

日経225とは、日本経済新聞が独自にチョイスしている225社の株式銘柄の加重平均をした株価を指し、この日経225インデックスファンドはその日経225に連動した投資成果を上げることを目標としています。

また、日経225インデックスファンドは、取引手数料も安く、コストの面で一番気になる販売手数料はかからない場合が多いです。

つまり、ノーロードファンドであることが非常に多いのです。

ノーロードの最大のメリットは購入手数料がかからないため、小額取引からドルコスト平均法を用いた幅広い時間の分散投資に対応できることです。これらは、あまり金融資産を持たない個人投資家から見て非常に魅力的で、小さな額からコツコツ積み上げる積み立て投資もできます。


非常に投資が身近になり、自分自身の金融リテラシーを向上させることもできますし、ひょっとするとそのような経済事情に詳しくなることでビジネスのチャンスも生まれてくるかもしれません。



このようにメリットがたくさんあるのです。
また、日経225インデックスファンドにかかるコストとしてもう一つ挙げられるのが信託報酬です。

信託報酬のかからない投資信託はありません。


しかし、日経225インデックスファンドは信託報酬量も非常に安いのです。



それは、アクティブファンドだと証券アナリストの人件費がかかってくるから自ずとインデックスファンドは信託報酬量が安くなるのです。

また、日経は日本経済を測る上での重要なベンチマークにもなっています。
さらに、アクティブファンドは長期的に見ればベンチマークを上回る実績は残せていないのです。